アーティスト

幻 一(Hajime Maboroshi)

羅漢さん「見(る)」
出身地
1942年 京都市で生まれる。
略歴
木版画家であり詩人。1991年京都・大本山南禅寺派 宗雲寺にて得度し、禅僧となる。 1979年から“人々の喜怒哀楽のこころ”を描く「五百羅漢」をテーマに木版画で制作を始め、1997年に500羅漢全像作品を19年間で終える。 2000年から、子供たちの“無邪気なこころ”を「わらべ羅漢」に託し木版画で制作を始め、現在、その作品は、300点を超え、制作中である。展覧会や講演会、幻一 こころの談話室「 顔とこころ = 筆で描く喜怒哀楽 」、版画講座等を開催し、国内外で幅広く各地で活躍している。また、今年は、画業50周年を迎える。
brief_summary_of_career
Hajime Maboroshi was born in Kyoto in 1942. He is a woodcut artist, poet and Zen priest. This is his 50th anniversary as a painter this year. And he is a director of the Cocoro-no-mori Art Museum. He completed the production of 500 all works in 1997 the “500 Rakan woodcut” by over 19 years from 1979. He is man of vision. First of all, he loves all living beings. Second, he seeks for peace. Third, he desire Freedom. Forth, he prays for everybody’s Happiness. Finally, believes that Peace Happiness comes from Freedom. His pictures and poetic words the message of Peace and happiness.
代表作品
195